資格の転職について

資格を取得しての転職はデメリットがあるの?!

資格を取得して転職する人は多いですがデメリットはどのような点でしょうか?

 

まず転職を考える前に自分の現在の状況を考えてみましょう。
どのような点に不満があるのか?
たとえば収入、職場環境などいろいろと理由があると思いますが、本当に我慢するのは難しいのかどうかです。
もしも我慢できるのであれば、おそらく今いる会社の方が良いことが多いです。
新卒からずっといる企業であれば一度退職すると給料が下がることが大半です。
収入をアップさせたいのであれば転職は、やめておいた方が良いでしょう。

 

そこで資格を取得して新たな分野での挑戦を考える人が多いです。
同じ職種であれば収入は下がる可能性が高いので違う分野での再就職と検討されると思いますが、
まずその職種が本当に就職ができるかどうかをよく見てみましょう。

 

一番多いのが資格を取得しても就職がなかったという点です。
じつは今これが多いのです。
転職者に限らず新卒でも技術を取得したが、就職先がないという人がたくさんいます。
ですから、まず自分がどのような分野に進みたいのか、
その分野の職種は本当に就職できるかどうかです。

 

本当に就職があるのであれば勉強をはじめるといった感じで進めた方が良いです。
再就職をする場合は、一時的に収入がないことも予測されるので、
そちらの方もよく考えて勉強に取り組むことをおすすめします。